新聞縦覧ツール作成の動機(はじめに)

新聞縦覧ツール作成に際して「フレーム」を使用する上で気を付けたことは、自分の私益
目的であることを極力排除し公益目的に限りなく近くするよう、心がけました。
「地域版」はそう言い切れるものですが、それ以外の紙面の縦覧は完全には自由選択性
は持っていません。紙面進行を変えられず、読む順番が決まっているのは一例です。


使っていくうちに、子フレームに表示する方法でなく、新規の窓を開けて、そこにボタン
類を置き、窓を起動した元の頁に紙面をフレームなしで表示する方法をとることを考えて
「操作卓」と名づけました。

新聞縦覧ツール作成の動機(つづき)

フレームを操作卓にしてみただけでも、少しは取り込み禁止に抵触の件は軽くなったはず
と自讃するのですが、補強する意味で、述べさせてください。
社会なら社会の記事紙面で日刊紙1紙だけでなく、他紙の同一紙面をみたいときは、まま
あります。同一紙面の他紙を縦覧したり、同一地域での他紙を縦覧するには、当頁のよう
な道具が必要になるはずです。
とりあえず、ここまでで、また、しばらく時間が経ちました。


毎日、WEB新聞を閲覧しているうちに、新聞サイトと違い、別々のボタンに視点を移す
ことなく、同一のボタンを押せばよくなったものの、全紙あるいは全紙面を見切るには、
同一のNEXTボタンを押すわけで、押し終えるのが、段々面倒になってきました。
読む順番が決まってるとなると、何もボタン押さなくても進んでくれないかな?・・・と、
考え始めて、できあがったのが、「自動巡回」という頁です。

新聞縦覧ツール作成の動機(しめくくり)

結局、フレーム、地域版、操作卓、自動巡回、と4つの道具を作成したわけです。各々に
ついて、サイズF/S/M/Bと(中にはボツになったものもありましたが)、ひととお
りそろえました。


新聞社のサイトであることを最大限に前面にして、私のサイトであることを極小化し、
恐れと利便性を天秤にかけて、問題を抱えつつ使用しております。少なくとも、著作人格
権を侵さず、一部利用は行わず、そっくり表示して必要にかられて作られたものであるこ
とを十分に理解してもらえるよう心がけております。
お許しを乞うたものでもないし、お許しを得たものでもありませんが、このような道具が
欲しかったのです。必要なのは、私ばかりではないとは内々に確認しております。
今後ともこのサイトが存する限り、この問題を抱えて、何度も再考してゆくつもりです。
念のため、トップ頁下部に下記を明記しました。

 ●当「フレーム」のボタン等により表示されるウェブ新聞の全ての権利は各新聞社にあります。
 ●頁の複製や記事の転載などは致しておりません。フレームは閉じボタンを完備しております。