Home ←Back Top Next→

<HP更新履歴>


Update 2017.01.03

更新履歴

  NEW!:リンク  → 話題に一言(Update 2016.08.31)
●2017.01.03 [サイト案内]を追加NEW!
●2016.09.19 [親等表生成]を追加,12.21[親等表生成2]を追加
●2016.08.31 [親族親等表]頁左上ボタンClick毎に親等表の見方、親族群区別を表示
●2016.05.28 [Name of Relatives]の追加,06Hindi語,ハングルの追加
●2016.04.21 [親族の呼び名][義理の親族の呼び名][縁組による親族の呼び名]を追加
●2015.06.29 [親等の計算]の追加,07~09[連鎖親等の計算]の追加
●2015.02.23 [多元的親子]の追加,03[傍系名検索],04[傍系血族]の追加
●2015.01.16 ドメインを新規取得し「http://mr36.jp/」に移行完了
●2015.01.01 [親族親等表]に[図表サムネイル]を追加,05.11[親族親等画像]の追加
●2014.07.24 [従兄弟姉妹]を追加
●2014.05.08 [第3度近親]を追加
●2014.04.29 [English]親族・親等表の英語版を追加
●2014.01.11 [親族親等表]に[尊属14親等]autoplay付を追加,Coding大修正(2016.02)
●2013.12.05 H25.09.04最高裁違憲決定後の婚外子相続分改正(相続分の計算)
●2013.11.25 [親族親等表]に付随の図表を全面改定(HTML,JSG,SVG,XAML,CANVAS)
●2013.03.17 H25.01.15期間限定(1月末)V-up版購入[Windows8/IE10]をInstall.
●2013.01.05 [親族親等表]から[親族の名称][親族の変動]分離(2012.06.10~)
●2012.10.24 HTML5移行準備:約380本の修正とutf-8化,約260本のXHTML化(10.06~)
●2012.09.20 [扶養義務者一覧]の追加
●2012.05.17 頁表示負荷の軽減のためアクセス解析をGoogleに変更
●2012.05.05 Website Explorerによる全頁一括外部リンクチェック実行(Win7,IE10)
●2011.08.29 IE9対応,CSS整理(TBL),SVG埋込方法の改修
●2011.01.26 [XML/SVG 試作品]の追加(01.10~),更新(2013.05.01)
●2010.10.20 [本位相続分の計算]の追加
●2010.06.30 [親族親等表]が検索語「親等表」で6検索エンジン検索1位達成
●2010.03.08 W3C XHTML1.0 Strict & CSS 2.1 採用開始
●2009.12.13 xml準拠XHTML形式に閉じタグ記述開始
●2009.09.23 IE8レンダリング対応,CSS対応,JavaScript対応(相続分の計算等)
●2009.01.19 [法定相続事例]の追加
●2008.12.18 [尊属家系図]の追加,[親族・親等表]親等色付(JS斜線化時廃止)
●2008.04.01 ZEROがGMO傘下になってURL,メールアドレスの変更(~.ad.jp→~.jp)
●2007.03.22 親等表に[親族・親等例](後の[親族の変動])を追記
●2007.01.06 [戸籍法の届出]を追加
●2006.09.22 NET:YahooBB ADSL 50Mに移行,電話:SoftBank
●2005.10.01 [親族親等表][代襲相続分の計算]を追加
●2005.03.24 [太平洋戦争リンク集]を追加,2016リンク切れ多発し保守が面倒で削除
●2004.05.01 [簿記について]を追加
●2004.03.17 [新聞縦覧]自動巡回メニューを追加
●2003.11.07 [新聞縦覧]に、地域版とミニ操作卓を追加
●2003.03.10 [新聞縦覧]の頁(左と上のフレームと卓)を新設しました
●2003.01.18 [花の便り]、生鮮旬期、暦の知識、お祭り、世相、を追加
●2002.07.20 [検索エンジン]の初版を製作、UPしました
●2002.05.05 [MyHistory]私の半分履歴書、続いて[私の感想文]のUP
●2002.02.28 平成14年に初めての手作りのHPにトライ超簡単なのが出来!
●2001.05.11 ZEROホームページスペース取得(ID:mr36はiij4u加入時に決定)

話題に一言


●2016.08.28 嫡出否認の訴権
訴訟提起中なので中味に立ち入りませんが、原告の訴権の必要性
の主張以外に無戸籍問題を解消させるためには手続き上別の方法
を必要とする指摘あり、民法772条の嫡出推定の文言を男女の
性差別のない平等の形に改正するだけでは足りない?
(民法772条の規定により774条,775条で否認訴権に言及している)
 → 夫だけ嫡出否認「違憲」-民法規定めぐり初提訴-神戸地裁
 → 妻の「嫡出否認権」- 争うべきは同性内の取り扱いの違い

●2016.08.03 親等図表や家系図をエクセルで作ってみたい方が?
 → EXCEL(エクセル)で親等図表を作成?

●2016.07.11 親権と監護権
協議離婚時の子の監護者の決定は民法766条に、親権者の決定
は民法819条にあります。
民法824条の財産管理権に先行する民法820条~823条が
監護権の主な内容であることは法曹界も法律図書も一致します。
離婚時に親権者と監護者を分離する例がありますが、さて権利の
範囲は?と、法律関係の本やら判例やらを調べながらネット上も
検索したところ、「身分行為の代理」はどちらかなのか法曹界の
HPにも親権者専属だ、いや監護者専属だ、いや分掌だ、と混乱
の状態です。明白なのは民法797条1項2項の未成年養子縁組
の法定代理人(親権者)の承諾(代諾権)と監護者の同意のみ!
それすら、昭和62年改正のせいか、分けてない/明記ない。
親権がらみの訴えの原告や被告も法文は親権者としかない。
もうひとつの話題ですが、未成年の子が婚姻(民法737条)す
るには父母の同意とあり親権者とは言ってないにも関わらず親権
の内容として身分上の代理・同意権に含めたり別だったり混乱。

●2016.07.01 ステップファミリー
未成年子を抱える夫婦の離婚・再婚の増加に連れて、継親家族が
漸増しているそうで、継子の虐待が心配。
NHKのTV恋愛ドラマ「コントレール」(飛行機雲)大石静脚本
恋愛背景は省略して、子持ち未亡人女性が再婚する相手を決める
までの、自分の幸せか、子の幸せをとるかで揺れ動く心情が言葉
には出てませんが映し出されていました。
継親家族となる場合や、その後もし離婚する場合の当事者の責任
を考えさせられました。
 → 親族の変動(ステップファミリーへの法対応)

●2016.06.24 世界主要言語(続々)
ハングルを調べました。種々の敬語や身内限定語が多く峻別に苦
労しました。本当に必要な名称が漢字語に偏って存在し、日本語
で言えば和語に相当するハングルは多過ぎて整理がつきません。
丁寧に言い換える気持ちはわかるのですが…。法律用語に準じた
表現が欲しいのです。

●2016.06.13 世界主要言語(続)
母語でヒンディー語は3位ゆえ、何とか親族名称を時間をかけて
数種の違いを平均した一覧としてまとめました。
中国語程ではないですが、男女で呼び名が変わり、やや細かい。
文字としてテキストエディターのレベルでは,monospaceのような
等幅表示になれば編集・保守が容易なのですが、ヒンディはそう
はいきません。アラビア文字のような右から左でなく左から右な
ので、掲示しようかなとも思いましたが、そういう訳で仕方なく
発音表示としました。(余談:インド自体が多言語でたいへん)
なお、等幅ではないけれど、結合文字の結合前の字で編集できる
テキストエディターは,Notepad++が可能であると確かめました。

●2016.05.28 世界主要言語
国連公用語は中国語、英語、フランス語、ロシア語、スペイン語
とアラビア語が憲章規定だそうですが、
五大言語は英語、フランス語、スペイン語、中国語、アラビア語
G8は米英仏日独伊加露の8か国。以上を吟味して現段階では、
親族の呼び名(外国語)は独断で日本語と下記6言語としました。
中国語、英語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、ロシア語
アラビア語はアラビア文字の記述が難しく、発音で記述しました。
ポルトガル語はスペイン語と他言語のような言語差がなく見送り。
イタリア語は話者数がベスト10になくスペイン語類似で見送り。
日本語は漢字/カタカナ/ローマ字のLCID/Click切替で世界を考慮。
スマホなど、狭小幅画面に配慮して表示言語絞り込み機能を追加。
 → 親族の呼び名,Name of Relatives

●2016.05.10 名探偵コナン - Detective Conan
ネットでみかけた親族関係の話題で回答がマチマチの混乱状態。
話題の件とは、コナンの母工藤有希子が蘭に説明した言葉だそう
ですが、コナンは「私の祖父の兄の娘のいとこの叔父の孫」と。
これはネットで飛び交ううちに省いた続柄「~にあたる子」が
ないため?。これが余計に混乱に輪をかけている感じです。
「~の孫にあたる子」自体も正確性を欠いた言葉の感じがします。
「~の孫にあたる子」は字面通り「~の孫」にあたる子、なのか、
「~の孫にあたる(者の)子」なのかです。
私の祖父の兄の娘のいとこの叔父の孫の子」でとりあげてみます。
本サイトの6連鎖の<連鎖親等の計算>では → 連鎖親等の計算
「私の祖父の兄の娘のいとこの叔父の孫」までは「私」を自分とし
てたどれます。結果は「~の叔父の」は私のはとこになります。
さて、ここからが今日の本題です。ある代の親の子は1人に限らず
子同士は兄弟姉妹になります。これを親等図形式で理解するには親
を基点として2次元親等図を子の数だけ並置させねばなりません。
仮に子を2人としても、今表示のある傍系が右側に存する親等図の
左に傍系が左側に存する親等図を直系接着して考えねばなりません。
(厳密には、祖先は各代父系と母系の両系ありますがここでは省略)
少々はしょって「私の祖父の兄の娘」までは一つとして「~の
は私の従伯叔母(従伯母か従叔母のいずれかの意味)になります。
「~の娘のいとこ」は私の父母の場合と私の伯叔父母の場合があり
ますが、どちらにしても「~のいとこの叔父」は私の叔祖父になり、
「~の叔父の」は叔祖父の孫で私のはとこになります。
ただし、これは傍系が右側だけに存する親等図で考えた場合です。
一方、傍系が左側にもある親等図で考えますと「いとこ」が2人
でなく4人になり「~のいとこの叔父」は私の祖父にもなります。
そうすると「~の叔父の」は私の祖父の孫で私自身になります。
はとこ同士とは曽祖父母の曽孫同士ですから、私のはとこも私自身
も互いの親族関係としては矛盾はないですね。
これで「~の叔父の」が私自身の場合の最後の「~の孫の」と
は、めでたく工藤有希子の子「コナン(新一)」になるわけです。
ネットでは私でなく私の夫優作が私のはとこにあたるとする解釈と
思われる回答も見受けられ、そのような回答も親族関係上は正しい。
ネットでは「私の祖父の兄の娘のいとこの叔父の孫の子」でなく、
「私の祖父の兄の娘のいとこの叔父の孫」にあたる子とした改訂版
がアップされています。その回答も親族関係上は正しいが、改訂版
は考え難い。(叔父と姪:近親婚の制限による事実婚関係?)
 → コナンは新一の母の祖父の兄の娘のいとこの叔父の孫の子な
   ので新一と同一人物です・2014年5月3日
   コナンは新一の母の祖父の兄の娘のいとこの叔父の孫にあた
   る子なんだもの(改訂版)・2014年5月6日

 → 名探偵コナンの登場人物 - Wikipedia

●2016.05.01 義理の親族
義理の親族等を総ざらい整理し直して、精密にしました。
 1.結婚による姻族 → 結婚による姻族の呼び名
 2.再婚による姻族 → 再婚相手や連れ子の呼び名
 3.縁組による親族 → 養親及び養親の血族の呼び名
 4.広義の義理関係 → 血族の養親や養子孫の呼び名
※義理の親族は上記1~3に限り、広義の4を含まない。
個別名、読み方/和名、続柄、総称名の4見出しから呼び名
を、親族と上記1~4について「親族の名称」と整合させて
整理したところ、「親族の名称」の義理の親族関係(姻族、
継子、縁組、義理)自体も再整理することになりました。
親族も兄弟系列だけは半血親族を全血親族と分けました。
 → 義理 → 全血親族の呼び名 → 半血親族の呼び名

●2016.03.25 継母の連れ子と結婚
継母の連れ子と結婚したカップルが「新婚さんいらっしゃい
に登場して連れ子同士の結婚、義兄妹の結婚とかで話題に…。
2015.03.01から秋頃まで後を引きましたが、血縁がないから
結婚可能なのに法律専門家の中には「傍系姻族」だからと…。
姻族の範囲の誤った見解2にあたり、正しい見解1では姻族で
はないにも関わらず、プロの解説としてネットに残存するのが、
微妙に気になります。(口角泡飛ばす重大事ではないですが)
父が基準ならば再婚妻の連れ子(継子)は父の直系姻族ですが
父の子が基準の場合は継母の子は父の子の傍系姻族ではなくて
義理の兄妹という間柄だけです。父の子の姻族は継母どまり。
父の再婚妻は父の子にとって「自分の血族の配偶者」ですから
姻族の限界にあたり、その先である継母の子にまで及びません。

※自分の実母は自分の直系血族であることと峻別は当然!
 → 兄と妹が「結婚」できる場合とは? - 弁護士ドットコム
 → 姻族親等図(頁末判例)

●2016.03.01 [尊属14親等]の修正には2月1日から1か月も
 要しました。仕事が入り度々中断したのが原因の一つ。
 めっきり腕を落としてきた(?)のも大きな原因の一つ。
 当初の方法にこだわって拘泥していたのも原因の一つ。
 やはり、新しいことをやる際にはより複雑にでなくシンプル
 に解決する方法を見つけるべきであったと大反省しています。
 → 尊属14親等:極大と巨大を追加,方向ボタンを追加

●2016.01.06 新しい家族のかたちとは…
これからの家族
 横型家族 ={ 夫の父母家族 + 夫婦家族 + 妻の父母家族 }
        役割の流動化 集団合議制 会社と家庭は等価
 祖父母・父母・子が横並びで経済・労力・精神的に補完し合う

●2015.12.30 曾孫でなく曽孫?の再度調査結果
平成15年12月25日最高裁第三小法廷(民集第57巻11号2562頁)
市町村長の処分不服申立審判に対する抗告棄却決定に対する
許可抗告事件
を知り、人名用漢字の新字旧字:「曽」と「曾」
が追加された経緯は1市民の申立から始まった偉業に感嘆!
 → 余談(曾孫でなく曽孫?)

●2015.07.06 [連鎖親等の計算]の追加
親等の計算を繰り返した[連鎖親等の計算]を作ってみました。
親族のQ&Aでよくある「~は親族か?」に使えそうです。
 → 連鎖親等の計算

●2015.06.29 [親等の計算]の追加,07.09機能追加
自分中心だけでなく、自分の親族間の世代差を計算する
[親等の計算]を作ってみました。
親等表のネットワークを記憶させ、始点から終点まで
途中の経由点もあわせて表示させました。
 → 親等の計算

●2015.05.11 [親族親等画像]の追加
親族・親等表の種類が多いので前々から頁サムネールが
作れないか思案中でしたが、やっとできました。
 → 図表  → 本文  → 画像
図表以外へのリンク等、もう少し工夫が必要かも・・・。

英米式の親族表類に Nth Cousin R Times Removed の表が
尊属側と卑属側とあり、いとこ以降は縦横同じなのですが
日本式での用途が見当つかずのままでした。
ここで見通しが立ち、作ってみました。
 → Family Relationship
 → 傍系名検索

●2015.02.23 [多元的親子]に再構成
多元的親子関係を通して
「社会的養護」という親族による養護を大きく飛び出した
枠組みを知りました。
 → 多元的親子

●従兄弟姉妹(いとこ)を更新しましたが、
ソトの親族としては深いですね。
 → 従兄弟姉妹
親族の名称以外に親族の呼称がありますが、調べましたら
めちゃめちゃ乱雑でしたので不介入。
 → 余談(親族の名称か?呼称か?)

●[新聞縦覧]をよくよく眺めているうちに
[6紙一斉]を思いつき、ボタン新設しました。
 → 新聞縦覧

●数か月、悩んでいた姻族の範囲…。
図書館で判例をみつけました。
私の見方(見解1)で良いと判明しましたので一安心。
 → 姻族親等図(頁末判例)

●最近思うこと…姻族の範囲
①再婚親の連れ子同士(父の前婚の子と母の前婚の子)
②子の配偶者の子(前婚の子)
見解1:①は互いに親族でない
    ②自分の姻族でない
見解2:①は互いに姻族2親等
    ②自分の姻族である
私は見解1をとります。多数はこちらのようですが
中に見解2をとる方がおられる。ネット上も同様。

●2014.05.08 [第3度近親]を追加
「第3度近親」を親族表っぽく表現してみました。
結構、アクセスがあります。わかりやすいからかな?
 → 第3度近親

●2014.04.29 [English]親族・親等表の英語版を追加
日本民法の親族・親等表のアクセスが外国からもありましたので
英文で作ってみました。
 → English
直系祖先・子孫、継子・養子の、欧米式親族名称仕様を勉強して
日本式の図表にあてはめてみました。

●2013.12.05 H25.09.04最高裁違憲決定後の婚外子相続分改正
 民法(900条4号但書前半部分)上の法定相続分の規定のうち、
 これまで非嫡出子の相続分を嫡出子の相続分の2分の1としてい
 た部分を削除して、嫡出子と非嫡出子の相続分を同等にしました。
 → 法務省:民法の一部が改正されました

●2008.12.18 [尊属家系図]の追加
父母、祖父母、曽祖父母、と祖先の数を数えると30親等遡ると
10億人を超えてしまいます。
誰しも、遠縁婚になってるのでしょうか?
そうでないと、祖先の数が足りなくなります!!
亡くなった方がそれ程多いってことでしょうか?
 → 直系尊属の系図

●暦の知識(暦の歴史と仕組みを知る)
月日の過ぎ去りと共に使い捨ての運命にある「暦」(こよみ=
カレンダー)に今より一層親しむには暦のおおよその仕組みを
知ることが最良。以下つづく…
 → 暦の知識