経営状況分析 経営事項審査 経営状況分析 経営事項審査 経営状況分析 経営事項審査 経営状況分析 経営事項審査 経営状況分析 経営事項審査

[ホーム]

<経審評点試算>

        
[H20経審対応版]
中村(事)Update 2011.01.01
入力済データ 画面出力 デモ 印刷
経営状況分析結果 経営事項審査結果
[使い方の参照]
複数工事種別は→[総合評定一覧]の頁末の説明を参照
経営規模等評価結果紫色記号はクリックで明細表示
BOTTOMへ
┌────────画面状態────────┐
今は:  →  次は:
次へ 前へ TOPへ
<決算項目入力>
平成年度
平成〜平成
法人/個人事業者(8桁)
3年平均 2年平均 1年のみ
  
科  目当期(千円)前期(千円)前々期(千円)USAGE 
固定資産     ------------Y
流動負債     ------------Y
固定負債     ------------Y
売上高(完工+兼業) ------------Y
売上総利益   *1------------Y
受取利息配当金  ------------Y
支払利息     ------------Y
利益剰余金   *2------------Y
自己資本(純資産計):1期Y,X21
総資本(負債純資産)------Y
減価償却実施額  ------C,X22
営業利益     ------X22
経常利益    *3------Y,C
法人税住民税事業税------C
研究開発費(注記表)------W6
貸倒引当金    C
受取手形     C
完成工事未収入金 C
未成工事支出金  C
材料貯蔵品    C
支払手形     C
工事未払金    C
未成工事受入金  C
注1 USAGE=Y:経営状況分析用,C:営業CF用,XnnWn:経営審査用
注2 自己資本額右端チェックボックス:1期で計算時チェック
注3 個人=*1:完成工事総利益,*2:純資産合計,*3:事業主利益
注4 入力欄地色がアイボリー(象牙色)は負の数値の赤色表示
注5 研究開発費は会計監査人を置き適正意見表明の会社限定
<その他社会性等>
----労働福祉の状況----
雇用保険の加入1:有,2:無3:除外
健保年金の加入1:有,2:無3:除外
建退共の加入 1:有,2:無
退職一時金制度1:有,2:無
企業年金制度 1:有,2:無
法定外労災補償1:有,2:無
---建設業の営業年数---
建設業営業年数  年(2桁)
防災活動への貢献の状況
防災協定締結 1:有,2:無
----法令遵守の状況----
28条指示処分 1:有,2:無
営業停止命令 1:有,2:無
--建設業の経理の状況--
監査の受審状況1〜3,4:無
1:会計監査人設置,2:会計参与設置,3:経理適正確認
公認会計士+1級登録者の数 人(2桁)
2級登録経理試験合格者の数 人(2桁)




次へ 前へ TOPへ
<工事種類別完成工事高>
 種別完成工事高(下段:元請) 
工事種別技術職員数(4桁)
種別当期(千円)前期(千円)前々期(千円) 監理1級基幹2級其他
下1 ↑講習受講監理資格者証保有1級技術者
単一工種:下記赤色の点線枠内は不使用
複数工種:@A→(BCまたはDE)→F
〜複数工種データの登録〜
 ┌→BC個別登録─┐
@A初回処理─┤        ├→F共通処理
 └→DE一括登録─┘
初回処理:@上記欄入力(工事種類別完成工事高)後
     A頁TOPから[計算]→[記憶]→[読出]
個別登録:BCを必要工種分繰返したらF共通処理
     C上記欄入力→[上記を下記へ登録]押下
一括登録:D事前に複数登録→[種別毎データ管理]
     E頁TOP[読出]押すと複数工種を表示
共通処理:F選択(No01〜No12ボタン)→計算→格納
複数[選択→計算→格納]済んだら→[総合評定一覧]
<個別登録>
複数工種      複数工種
複数[選択→計算→格納]繰返選択=(No01〜No12ボタン)  
次へ 前へ TOPへ
<経営状況分析結果>
平成年度
平成月から平成月まで
分析項目 Y評点への寄与度数値  下限上限係数点数分子(千円)分母(千円)
純支払利息比率   29.9%X1% 5.1 -0.3 -0.4650*X1
負債回転期間    11.4%X2ヵ月 18.0 0.9 -0.0508*X2
負債抵抗力 -------------------------------------- a 
総資本売上総利益率 21.4%X3% 6.5 63.6 +0.0264*X3
売上高経常利益率   5.7%X4% -8.5 5.1 +0.0277*X4
収益性・効率性-------------------------------------- b 
自己資本対固定資産比率  6.8%X5% -76.5 350.0 +0.0011*X5
自己資本比率    14.6%X6% -68.6 68.5 +0.0089*X6
財務健全性 -------------------------------------- c 
営業キャッシュフロー 5.7%X7億円 -10.0 15.0 +0.0818*X7
利益剰余金      4.4%X8億円 -3.0 100.0 +0.0172*X8
絶対的力量 -------------------------------------- d 
経営状況分析点数A=a+b+c+d+0.1906※X1〜X8,A,Y点全て表示桁未満
評点Y=167.3*A+583(0点〜1595点) の端数は符号考慮の四捨五入
純支払利息比率     (支払利息-受取利息配当金)/売上高*100 ← 安全性 売上高=0:下限値みなし,小さい程評点+
分子(千円):純支払利息
負債回転期間      (流動負債+固定負債)/(売上高/12) ← 総負債/月商 売上高=0:下限値みなし,小さい程評点+
分子(千円):総負債
総資本売上総利益率   売上総利益@/総資本(2期平均)*100←総資本回転率 総資本3000万円未満:3000万円みなし
売上高経常利益率    経常利益A/売上高*100        ← 収益力 売上高=0:下限値みなし
自己資本対固定資産比率 自己資本/固定資産*100 ← 固定資産自己調達比率 固定資産=0:自己資本≦0下限値,>0上限値
自己資本比率      自己資本/総資本*100        ← 資本蓄積 総資本=0:下限値みなし
営業キャッシュフロー  営業キャッシュフロー/1億(2年平均) ← 資金増減 前期なし:平均せず当期使用
利益剰余金       利益剰余金B/1億          ← 留保利益 個人=B:純資産合計
売上高=兼業含む,自己資本=純資産合計,総資本=負債純資産合計,個人=@:完成工事総利益,A:事業主利益
次へ 前へ TOPへ
<営業キャッシュフロー>
調整項目当期(千円)前期(千円)前々期(千円)
 貸倒引当金     
       受取手形
   完成工事未収入金
 売掛債権      
    未成工事支出金
      材料貯蔵品
 棚卸資産      
       支払手形
      工事未払金
 仕入債務      
 未成工事受入金   
計算式当期(千円)前期(千円) 
+      経常利益利払後利益
+   減価償却実施額非資金費用
− 法人税住民税事業税税金
+    引当金増減額増加運転資金
−   売掛債権増減額↓(以下同じ)
−   棚卸資産増減額 
+   仕入債務増減額 
+    受入金増減額↓(2年平均)
=営業キャッシュフロー
注1 2年平均:前々期0,1年平均:前期0みなし,営業CF2年平均:前期なしは当期
次へ 前へ TOPへ
<評点テーブル>
<経営規模等評価結果>
工事種別: (期)
 種別完成工事高(下段:元請)自己資本営業利益減価償却
当期(千円)前期(千円)前々期(千円) ┌-上段:当期(千円),下段:前期(千円)-┐
審査項目数値  計算式数値区分評点等記号
種別完成工事高  ←2年/3年平均-------- ...X1
自己資本額(平均)  ←1期/2期平均-------- ..X21
利益額(平均)    ←2年平均-------- ..X22
自己資本利益額 ---------- (X21+X22)/2-------- -------- ...X2
経営状況点数A 167.3*A+583-------- --------....Y
種別監理受講者 a a*6 ---------------------
種別1級技術者 b b*5 ---------------------
種別基幹技能者 c c*3 ---------------------
種別2級技術者 d d*2 ---------------------
種別其他技術者 e e*1 ---------------------
種別技術職員数   6a+5b+3c+2d+1e ...Z1
種別元請完工高   ←2年/3年平均-------- ...Z2
技術力評点 ========== Z1*0.8+Z2*0.2-------- -------- ....Z
雇用保険の加入 f   ---------------------- ---------------------
健保年金の加入 g   (f+g)(2)-------- --------...Y2
建退共の加入  h   ---------------------- ---------------------
退職一時金制度 i   ---------------------- ---------------------
企業年金制度  j   ---------------------- ---------------------
法定外労災補償 k   (h+(i|j)+k)(1)-------- --------...Y1
労働福祉の状況 ---------- Y1*15-Y2*30-------- -------- ...W1
建設業営業年数y (y-5)*2:0〜60-------- ...W2
防災協定締結     1:+15,2:0-------- ...W3
28条指示処分  l   1:-15,2:0-------- ---------------------
営業停止命令  m   1:-30,2:0-------- ---------------------
法令遵守の状況 ---------- 0lm:0/-15/-30-------- ...W4
監査の受審状況     1〜4:20/10/2/0-------- ..W51
公認会計士+1級 n ---------------------- ---------------------
2級登録経理者 o ---------------------- ---------------------
公認会計士等の数  :X1 n*1+o*0.4 ..W52
建設業経理状況 ---------- W51+W52-------- --------...W5
研究開発の状況  ←2年平均-------- ...W6
社会性等の評点 ========== ΣWn*10-------- -------- ....W
右端の紫色記号はクリックで明細表示
X1,X21,X22,X2,Z1,Z2,Z:小数点以下切捨
点数や区分の最小値・最大値はこちら
次へ 前へ TOPへ
<総合評定値の計算>
工事種別: (期)
項目区分記号評点幅評点ウェイト点数
経営規模X1390〜2268 0.25
X2454〜2280 0.15
経営状況Y 0〜1595 0.20
技 術 力Z450〜2366 0.25
社会性等W 0〜1750 0.15
総合評定P278〜2082四捨五入整数
評定値の計算式(申請業種毎の点数計算を元にする)
評定値(P)=0.25*X1+0.15*X2+0.20*Y+0.25*Z+0.15*W
複数工事種別の評定値はこちら→[総合評定一覧]
・総合評定値の項目別変動はこちら→[項目別評点試算]
TOPへ
CHB-pref mr36 FNB-city