Home ←Back Top Next→

[案内]

<経営状況分析>

[更新]
Update 2015.04.17
[分析専用] [H27経審対応版] [経審専用]
入力済データ 画面出力 デモ 印刷
経営状況分析に必要でない決算項目は省略
(営業利益、研究開発費)
BOTTOMへ
┌─────画面状態─────┐
DB#: 操作:
財務諸表
次へ 前へ TOPへ
次へ 前へ TOPへ
<経営状況分析結果>
平成年度
平成月から平成月まで
分析項目 Y評点への寄与度数値  上限値下限値係数点数分子(千円)分母(千円)
純支払利息比率   29.9%X1%5.1-0.3 -0.4650*X1
負債回転期間    11.4%X2ヵ月18.00.9 -0.0508*X2
負債抵抗力 -------------------------------------- a 
総資本売上総利益率 21.4%X3%63.66.5 +0.0264*X3
売上高経常利益率   5.7%X4%5.1-8.5 +0.0277*X4
収益性・効率性-------------------------------------- b 
自己資本対固定資産比率  6.8%X5%350.0 -76.5 +0.0011*X5
自己資本比率    14.6%X6%68.5-68.6 +0.0089*X6
財務健全性 -------------------------------------- c 
営業キャッシュフロー 5.7%X7億円15.0-10.0 +0.0818*X7
利益剰余金      4.4%X8億円100.0-3.0 +0.0172*X8
絶対的力量 -------------------------------------- d 
経営状況分析点数(A)=a+b+c+d+0.1906 → ※X1~X8,A,Y点全て表示桁未満
評点(Y)=167.3*A+583(0点~1595点) →  の端数は符号考慮の四捨五入
純支払利息比率     (支払利息-受取利息配当金)/売上高*100 ← 安全性 売上高=0:下限値みなし,小さい程評点+
分子(千円):純支払利息
負債回転期間      (流動負債+固定負債)/(売上高/12) ← 総負債/月商 売上高=0:下限値みなし,小さい程評点+
総資本売上総利益率   売上総利益①/総資本(2期平均)*100←総資本回転率 総資本3000万円未満:3000万円みなし
()/2=分母(千円):総資本(2期平均)
売上高経常利益率    経常利益②/売上高*100        ← 収益力 売上高=0:下限値みなし
自己資本対固定資産比率 自己資本/固定資産*100 ← 固定資産自己調達比率 固定資産=0:自己資本≦0下限値,>0上限値
自己資本比率      自己資本/総資本*100        ← 資本蓄積 総資本=0:下限値みなし
営業キャッシュフロー  営業キャッシュフロー/1億(2年平均) ← 資金増減 前期なし:平均せず当期使用
利益剰余金       利益剰余金③/1億          ← 留保利益 個人=③:純資産合計
売上高=兼業含む,自己資本=純資産合計,総資本=負債合計+純資産合計,個人=①:完成工事総利益,②:事業主利益
次へ 前へ TOPへ
<営業キャッシュフロー>
調整項目当期(千円)前期(千円)前々期(千円)
 貸倒引当金     
       受取手形
   完成工事未収入金
 売掛債権      
    未成工事支出金
      材料貯蔵品
 棚卸資産      
       支払手形
      工事未払金
 仕入債務      
 未成工事受入金   
計算式当期(千円)前期(千円) 
+      経常利益利払後利益
+   減価償却実施額非資金費用
- 法人税住民税事業税税金
+    引当金増減額増加運転資金
-   売掛債権増減額↓(以下同じ)
+   仕入債務増減額 
-   棚卸資産増減額 
+    受入金増減額↓(2年平均)
=営業キャッシュフロー
注1 当期増減額=当期-前期,財務諸表が1期のみは前期0(営業CF=当期)
注2 前期増減額=前期-前々期,財務諸表が2期のみは前々期0
TOPへ
CHB-pref mr36 FNB-city