(閉・戻)

 人間の精神生活は、もっとも深いところでは「愛」
と「正義」、という二つの原理によって規定されて
いると言えよう。そしてこの二つの原理の要求を同
時にみたすことがわれわれにとってつねに可能であ
るとは限らない。むしろこの願いの実現はほとんど
人間の力を超えたことではないか、というのが凡人
の実感だろう。

 ひとはみな社会的「規範」に従いつつ、それぞれ
の個性と力量に応じた「価値」の実現を目指して生
きる。またそれ以外に生きようのない存在である。

   規範 正義 律法的人格..
          規範意識の体系化によって
          測られる各人の道徳的な成熟。
   価値 愛 価値的人格..
          愛という最高の精神活動に
          よって高められる人間の価値。

しかも規範への服従と、個性的な価値の実現とは、
幸福な予定調和の関係にあるとは限らない。むしろ
そのあいだの緊張と葛藤を意識し、観察する機会が
多いのではなかろうか。

          黒田亘「行為と規範」より

                  中村三郎